ホーム会社案内 › 歴史-DAIMEIの歩み

歴史-DAIMEIの歩み

1914
大正3年
 
初代社長 山口巌が大阪市中央区北久太郎町に軒並みを借り、
「光栄堂」創業
 
 
1930
昭和5年

1932
昭和7年
 
「光栄堂合名会社」創立


大阪市東区博労町3丁目に「株式会社光栄社」創立
金属製ネームプレート・バッジ等の
銘板を製造販売
 
金属製ネームプレート・バッジ

1948
昭和23年

「大阪銘板株式会社」に社名変更
本店を東成区深江東に移転
ガラス板上へ写真焼き付き印刷による
文字盤製造方法を開発
その後アクリル樹脂の目盛盤製造へと逐次変わり、
主な営業品目を合成樹脂製銘板・
その他成形品に変更
1950
昭和25年
ポリスチレン銘板に適合する新塗料を開発。
この頃から昭和29年頃まで、
プラスチックダイヤル盤の製造法は
大阪銘板の独占技術となる
1951
昭和26年
民間では初めての
インジェクションマシンを導入
日本初のスチロール樹脂による銘板類の
高速射出成形方法を完成させる
1952
昭和27年
ラジオ目盛板のサーモプラスチックによる、
インジェクション成形・塗装加工の開発に成功
ラジオ目盛板のサーモプラスチックによるインジェクション成形・塗装加工
1954
昭和29年
日本初の国産最大機500トン自動射出成形機
(松田式一号機)を設置
500トン自動射出成形機
1955
昭和30年
二次加工仕上作業を開始
世界最初のテレビブラウン管
マスク射出成形に成功
テレビブラウン管マスク射出成形
1957
昭和32年
米国よりプラスチックシート
押出装置を輸入
1958
昭和33年
米国よりロータリー式真空成形機を輸入
1959
昭和34年
国産最大機である1000トン予備可塑付
全自動射出成形機を設置
大阪事業部設立(現・株式会社ダイメイ大阪)
1963
昭和38年
日本初の大型機第一号1200トンスクリュー射出成形機、他大型機4台を設置
1966
昭和41年
西条事業部設立
1968
昭和43年
米国より異形押出技術を輸入
1970
昭和45年
奈良事業部設立(現・株式会社DAIMEI AMS)
1972
昭和47年
大阪中小企業投資育成株式会社資本参加
1978
昭和53年
ダイメイプラスチックシンガポール設立
ダイメイプラスチック シンガポール
1979
昭和54年
本社所在地を東大阪市七軒家に移転
岡山事業部設立(現・株式会社ダイメイ・岡山)
1985
昭和60年
金型製作部門、ECS事業部設立
(ECS=エンジニアリングセンターサービス)
エンプラ精密部品の生産を目的とし、金型の製作を開始
金型、成形、二次加工までの一貫生産が可能となる
金型製作部門、ECS事業部設立
1989
平成元年
1800トン射出成形機を設置
1990
平成2年
株式会社メイバンプラスチック茂木設立
1993
平成5年
2500トン射出成形機を2台設置
メイハンプラスチックジョホール設立(マレーシア)
2500トン射出成形機
1996
平成8年
ダイメイサンタナインドネシア設立
2000
平成12年
ISO14001認証取得
2002
平成14年
自社商品「ヘルシーフットウォッシャー」開発
ISO9001認証取得
2006
平成18年
株式会社ダイメイプラスチック大分設立
2010
平成22年
ダイメイ タイ設立
ダイメイ タイ
2013
平成25年
会社分割により
・株式会社ダイメイ大阪
・株式会社ダイメイ・岡山
・株式会社DAIMEI AMS
を設立
2014
平成26年
創業100周年を迎える
11月19日ザ・リッツ・カールトン大阪にて
創業100周年記念式典を行う