ホーム採用案内 › 業務の流れ/先輩の声

業務の流れ/先輩の声

業務の流れ

製品ができるまで

  • 1.事前検討
  • 2.金型製作
  • 3.製造
  • 4.品質保証
  • 5.完成・納品
①事前検討
形状・材料・工程などお客様の要望を実現するため、様々な問題などを検討し試作を行い、評価を進めます。
②金型作成
製品に必要な金型を、製品データを基に設計・製作していきます。
③製造
成形、仕上(塗装・印刷・組立)を行います。国内各地に事業拠点を持つため、お客様に最適なロケーションで生産が可能です。
④品質保証
不良品の生産を未然に防ぐため、生産工程などの問題点を検討・改善するほか出荷前の品質チェックを行います。
⑤完成・納品
梱包して納品します。納品後、各製品はお客様のところで機器等を取り付けられ、商品として市場に出ています。

 部署ごとのかかわり

営業

注文から納品、その後のフォローまで、全ての工程について迅速な対応を行います。

関連制作工程

①事前検討~⑤完成・納品

技術

量産までを営業とともにお客様に対応し、当社の技術力を発揮します。

関連制作工程

①事前検討~③製造

設計

デザイン設計や金型設計など、3D-CAD/CAMを用いて図面に落とし込んでいきます。

関連制作工程

②金型設計

製造

歩留まりを最適化した品質管理等を行い、決められた納期に間に合うよう進めていきます。

関連制作工程

②金型製作~③製造

品質保証

生産されている製品がお客様の要求事項を満たしているか入念なチェックを行います。

関連制作工程

④品質保証

先輩の声

M.F.さん 2014年入社

M.F.さん 入社X年目

現在の仕事内容

 私は主に自動車部品メーカー向けの営業を担当しております。弊社の営業は、単に製品を売るだけではありません。見積から試作・量産までの一連の流れの中で、社内関係部署との連携やお客様各部署との調整など、幅広く様々な方々と協力して進めながら、コスト・品質・デリバリーの面からお客様へ最適な提案をします。そのため周囲を巻き込む力や、関係者間で対立する考えをまとめ上げる調整力、といった広い意味でのコミュニケーション能力が求められる仕事だと思います。

大阪銘板の社風について

 「社風」とは異なりますが、それぞれの社員がしっかり熟考した上で、発言・行動しており、「深みのある」人が多いと感じます。私自身、日々の業務において、同僚や諸先輩方から気づかされることが多く、勉強させていただいています。

入社動機

 新卒で入社した会社では、営業職ではなく内勤の事務の仕事で、正直やりがいを見出すことができませんでした。私自身、もっと外に出て様々な人と出会いを重ね、仕事を進めていく営業職にチャレンジしたいとの強い想いがあり、未経験でしたが思い切って転職を決断しました。そこで出会った会社が大阪銘板です。

学生のみなさんへメッセージ

 就職活動は、内定までの間に様々な企業との出会いがあります。その中で、なかなか内定が出ずに挫折することもありますが、大切なことは学生の皆様の自己実現が達成できる会社に出会えるかだと思います。単に内定を急ぐのではなく、自分の軸をしっかり持った上で、焦らず、悔いの無い就職活動ができるよう取り組んでいただきたいと思います。応援しています!

H.S.さん 2009年入社

H.S.さん 入社X年目

現在の仕事内容

 私は主にアミューズメントの二次加工関係の技術を担当しています。この業界では常に最先端の技術を取り入れる風潮があり、業務をこなしながら新しい工法を見ることができるので、環境に恵まれていると常々感じています。また私の所属する組織は協力会社に生産を依頼することがほとんどなので、先方の担当者様と技術的なやりとりができて勉強になります。
 

大阪銘板の社風について

 明確に役職が分かれているにも関わらず、上司とざっくばらんな会話ができる会社です。『ダイメイ・クレド』という指針を元に、経営陣から一般職までが同じベクトルで取り組んでいます。
 

入社動機

 大学時代では化学を専攻していましたが、就職活動当初からものづくりに携わる“製造業”に就きたいと思っておりました。そんな中、『プラスチックの大阪銘板』というキャッチフレーズに魅力を感じて入社することを決めました。
 

学生のみなさんへメッセージ

 今の大阪銘板では新しいことに取り組もうとする姿勢が強くなってきています。ひょっとしたら皆さんが学生時代に学んだことを活かす場面が多々あるかもしれません。これからの製造業では何かイノベーションを起こさなければならないと考えていますので、皆さんと一緒にお仕事できることを楽しみにしております。

H.E.さん 2000年入社

H.E.さん 入社X年目

現在の仕事内容

 現在、私は品質保証グループに所属し、製品の出荷承認や製造に対する品質面でのサポートを主に行っております。新製品立ち上げ時には、生産活動が円滑に進むよう事前にお客様と品質打ち合わせを行う事もあります。言わば、お客様と製造との橋渡しの役目を担っています。QCD(品質・価格・納期)に対してお客様との信頼関係を築く事が次の仕事にも繋がって来ますので、直接生産活動には参加していませんが、間接的に工場運営に貢献していると言えると思います。
 

大阪銘板の社風について

 組織の中で、階層毎にやるべき行動指針が明確になっており、一体感のある会社だと思います。また、様々な事にチャレンジする機会を与えてくれ、個人スキルの向上にも力を入れています。周りの環境変化に柔軟に対応し、常に変化・変革をし続ける勢いのある会社です。
 

入社動機

元々は全く違う業種で広報担当をしており、たまたま企業訪問という形で大阪銘板を訪れました。その際に、世の中の様々な製品がプラスチックから出来ている事に純粋に感動し、私も大阪銘板のモノづくりに携わってみたいと思いました。
 

学生のみなさんへメッセージ

まずは、皆さんが何をやりたいかを見付ける事が重要だと思います。やりたい事が見付かれば、それに対して何をすれば良いかが見えてきます。そしてやるべき事に対して目標が立てられます。良い仕事をするにはモチベーションの高さが重要です。仕事に対する「魅力×危機感×目標達成」でモチベーションの高さを図る事が出来ます。まずは、自分が何をしたいか?どんな会社に貢献したいか?だと思います。当社に魅力を感じ選んで頂ける方と一緒に仕事が出来る事を楽しみにしています。