ホーム技術案内 › プラスチック金型

プラスチック金型

自動車電装部品金型(遮水プロテクタ)の製作プロセス

金型設計

3DCADにより、製品形状の解析及び成形に適した
金型設計を行ないます。

加工検討

納期や製品の内容等を検討し、工程を決め各部門の加工に回します。

  • マシニングセンター

    3D設計されたデータを用いて、加工データを作成し、直彫り加工で納期の短縮を図ります。

  • ワイヤーカット

    穴加工、入れ子の抜き加工及びピース輪郭加工を1um単位の精度加工を行ないます。

  • フライス

    マシニングセンターやワイヤーカットの前段取りを行い、焼入れ材などのタップ加工を行ないます。

  • 放電加工

    切削加工等出来ない部分や硬い鋼材等の精密金型等の加工に使用します。

磨き

入れ子の鏡面磨きや離形の為の磨きなど、
精密な磨きを行ないます。

組立

製品形状やお客様の仕様等最終の確認をして、試作トライを行ないます。